とかいなディズニー

とかいなディズニーは都会から田舎まで【子供とディズニーを楽しむための情報】をお届けするブログです。

ピクサープレイタイムは親子で楽しめる!マックイーンに会ってきたよ!【インレポ】

f:id:toka-ina:20180117084353j:plain

こんばんは!はてなの国のディズニーブロガーたーふじ(@tokaina_fujita)です。

先週の土曜日(1/13)に僕と妻、長男(3歳8ヶ月)と次男(1歳4ヶ月)の家族4人で、東京ディズニーシーの新イベント「ピクサー・プレイタイム」に行ってきました。

結論から言うと、親子で楽しめる素晴らしいイベントでした。イベントのショーに関しては、冬なので寒く、子供と待つには難しいな、と思っていたので避けたのですが、ショーを見なくても十分楽しめます。

イベントの全部を回れたわけではないですが、回れた部分だけでも紹介します☆

今日はそんなお話。

シーへはリゾートラインで移動

舞浜駅に着き、ディズニーシーへはリゾートラインで移動。リゾートゲートウェイ・ステーションの改札を通った先にあるフォトロケーションもピクサー・プレイタイム仕様になっていたので記念に1枚。

子供と一緒に写真撮るのもいいですね☆

f:id:toka-ina:20180117084424j:plain

ピクサー・プレイタイムの1dayパスポートも購入し、いざ、ディズニーシーへ。

f:id:toka-ina:20180115192436j:plain

ちなみに1dayパスポートはリゾートラインに3回乗れば元が取れるのですが、いつもディズニーシーとの往復で2回しか乗らないので元が取れてません(汗)

アメフロでイベントの気分を味わおう!

ディズニーシーに入園して最初に向かったのはアメリカンウォーターフロント(通称:アメフロ)。タワー・オブ・テラーやトイ・ストーリー・マニア!があるところです。

f:id:toka-ina:20180117224512j:plain

タワー・オブ・テラー前の広場にはピクサー作品に良く出てくるルクソーボールがドーン!と置かれてました。行った時はカメラマンさんが居て、このボールと一緒に写真を撮ってくれるサービスも行ってましたよ。

時間によってはこのボールの場所で、「マリタイムバンド」と呼ばれる楽器隊が来て演奏もするようです!運よく出会えるといいですね☆

f:id:toka-ina:20180117234010j:plain

また、この広場は床がすごろくのようになっていて、ところどころにピクサーの仲間達がコマとして置かれています。写真はウッディ。反対側にマックイーンも置かれてました。

このコマと写真を撮る人も多かったのですが、すごろくのマス目にキャラクターが描かれたりもしているので、しゃがんでマス目のキャラクターと写真を撮る人も多かったですよ!

今回は最初にこの広場へ行って正解でした!この広場でイベントを十分に感じられるようになっています。アメフロはインスタ映えの写真を撮るのに最適な場所ですね!リア充感アピールできる写真を撮れますよ!(笑)

キャラクターは変わるかもしれませんが、この日はサリーとの整列グリーティングもやっていました。キャラクターにも会える場所になっているのは嬉しいです!

ゲームブースもありました!

今回の「ピクサー・プレイタイム」は全4か所に子供向けのゲームコーナーがあり、その1つがこのアメフロにあります。アメフロではトイ・ストーリーの輪投げゲームが出来ますよ!

f:id:toka-ina:20180117234021j:plain

黄色のボードに文字が出るので、その文字めがけて輪投げを投げるゲームでした。一応、線はあるのですが、次男(1歳4ヶ月)は投げても届かないので、キャストさんが「目の前まで来ていいよ」と優しく対応してくれました(笑)

待ち時間に関しては、土曜日にも関わらず10~15分程度の待ち時間で出来ました。

他のゲームブースは目の前を通っただけでしたが、他のゲームブースも10~15分程度並べば出来るような列でした。小さな子供向け、かつ、色んな場所にあるので、混雑も分散されているのかもしれませんね!

ライトニング・マックイーン・ヴィクトリーラップ

アメフロで遊んだあとは長男お待ちかねのマックイーンと対面です。ショーに参加するためには整理券が必要ですが、グリーティングルートで待っていればマックイーンが目の前を通るため、見るだけならルートで待つだけで十分です。

終わった後のお昼ご飯も兼ね、ニューヨーク・デリ前で待機。

f:id:toka-ina:20180117234038j:plain

ニューヨーク・デリ前の看板はイベントに合わせ、マックイーン仕様になってました。15分くらい前から待機し始めても最前列で見れたので、比較的見やすいのではないかと思います。

長男(3歳8ヶ月)はマックイーンのトミカを握りしめ「まだ?まだ?」とずっと言ってましたが、マックイーンが目の前に現れると大興奮!

f:id:toka-ina:20180117234638j:plain
※背景はモノクロに加工しています

周りを踊るダンサーさんにもマックイーンを見せて手を振ったり、ハイタッチしてもらったり、とにかく終始、ご満悦でした。

普段、トミカやDVDでしか見たことのないキャラクターを実際に見せる体験をさせてあげるのっていいですね!図鑑で見ている動物なんかも一緒かもしれないですが、点と点が線で結びつく感じが見えて、親としても嬉しくなりました。

お昼ごはんはデリのスペシャルセット

f:id:toka-ina:20180117235431j:plain

マックイーンを見たあとはお昼ごはん。ニューヨーク・デリでスペシャルセットとランドール・ボッグスのカップケーキを注文。

「マックイーンの包装だねー!」っていうのは子供向けの言葉で、親のお目当てはこのセットに付いてくるグッズ(笑)

f:id:toka-ina:20180115192601j:plain

ランチケースとスーベニアプレートを無事に手に入れました。

ちなみに「ピクサー・プレイタイム」のショーは全部で4つあります。今回はライトニング・マックイーン・ヴィクトリーラップを見ましたが、これ以外は全て、プロメテウス火山を望む大きな港、メディテレーニアンハーバーで行われます。

こちらはショーの観賞場所が入れ替え制だったり、キャラクターがハーバーを船でぐるっと1周するショーだったりするので、詳しくはキャストさんに聞いてみてくださいね☆

合言葉でシールをもらおう!

上のランチケースとスーベニアプレートの写真にシールが4種類写っていますよね。これも「ピクサー・プレイタイム」のイベントの1つです。

パーク内の指定場所にいるキャストさん又はショップの店員さんへ、合言葉を言うと全4種類の笑顔のシールがもらえます。

f:id:toka-ina:20180118001131j:plain

合言葉は行ってからのお楽しみ!と言うことで秘密にしておきますが、パーク内にあるインフォメーション冊子「TODAY」に指定場所と合言葉が載っていますので、入園した際は、確認してみてくださいね☆

ただ、僕が行った時はイベント初週の週末だったのか、キャストさんに声をかけてもシールを切らしちゃってる場合もありました。人気があるからこそだと思うので、合言葉を言う前に一度、「合言葉のシールもってますか?」と聞くのがスマートかもしれませんね!

持ってなかった時のキャストさんの申し訳無さそうな顔が、何故か逆に僕の心を痛めちゃったりしましたが・・・(汗)

まとめ

この日はお昼ごはんのあと、ビッグバンドビートが抽選で当たったので、鑑賞して帰りました。

ショーも見てなければ、乗り物にも乗りませんでしたが、至るところに写真撮影スポットやゲームブース、キャラクターグリーティングがあり、子供が飽きない工夫を随所に感じることができました。

普段は混んでて行かないという方も、今回は親子で楽しむイベントになってますので、思い出づくりに一度、行ってみてはいかがでしょうか?

時期としては閑散期と呼ばれる時期で、「混まない」とディズニーヲタク界隈では言われているので、遠方でもツアーなどを使えば、通常より安く来られる可能性もありますよ☆

楽天トラベル
じゃらん
YAHOO!トラベル
JALパック
るるぶトラベル

ピクサーの世界に一緒に浸りましょう!(笑)

ではまたっ!

 

あなたにオススメの記事

東京ディズニーシーの新プログラム「ダッフィーのハートウォーミング・デイズ」発表!

2018年の春キャンテーマは打ち上げディズニー!3つのポイントを紹介!

ディズニーリゾートラインの期間限定きっぷまとめ【2018年1月~3月】